託児所は二種類ある

託児所以外にも未就学児が通える場といえば、保育園や幼稚園があります。 託児所と、何が違うのでしょうか? 託児所のイメージですが、こじんまりとしていて、赤ちゃんから4、5歳の子まで、一緒に過ごしている、アットホームな家庭の延長的な感じがしませんか? もう少し深く、それぞれの施設の違いを調べてみましょう。

法律で守られていない託児所は見学しよう

託児所に預ける前に、必ず見学しましょう。 託児所は、特に国の所管がないので、経営者の方針が重要になります。 管轄がないという事は、法律の定めがないので、心配な部分も出てきます。 預けてから後悔しないように、デメリットについても知っておきましょう。

託児所を選ぶには?

託児所を選ぶ時、何を基準に選びますか? 一体、どこに気をつければいいのでしょうか? 単純に、家から近いからとか、駅から近いから通勤に便利、値段が安いからといった理由で決めていいのでしょうか? 見るべきポイントを絞ってみましたので参考にしてみてください。

託児所と保育園や幼稚園、比べてみよう

託児所には、二種類あります。
一つ目は、企業内託児所です。
企業等に勤めている従業員が、保育が必要な子供がいる場合、就業時間中に利用できる施設です。
企業内託児所を福利厚生の売りにして、従業員を集めている企業もありますね。
保育園や幼稚園の送迎がなく、子供と一緒に通勤できるのは、親子ともに負担が少なく、病気、怪我等何かあった時に就業中でも、すぐに様子が分かるので安心です。
出産後の就職先としては、働くママさんにとって、ありがたいサービスです。

二つ目の託児所とは、民間が行っているものです。
その中でも、デパートや美容院等に一時的に子供を預けられる託児所と、保育園のように毎日お子さんを預かってくれる託児所や、複合的なサービスを行っているところもあります。

育児中のママさんは、子連れでは、ゆっくり買い物なんてできません。
おむつを替えたり、ミルクを飲ませたり、ぐずってしまったり、子供のペースで、動かないといけないので、せっかく買い物に出てかけてもヘトヘトになってしまいます。
そんな時に、一時間でも二時間でも、預かってくれるサービスはありがたいものです。
ゆっくり、映画を見たり、お茶をしたり、束の間の休息を味わうことができます。

保育園の待機児童については、社会問題になっていますね。
保育園に入るまでのつなぎとして、託児所を利用してる方にとっては、毎日、長い時間預けられる託児所が必要です。

特色のある託児所としては、英会話の学習や、幼児教室のように、教育的要素も兼ね備えている施設です。
民間が行っているので、経営者の方針で託児所のサービスは異なります。

おすすめリンク

幼児教室は1歳から始めるのがベター

お子さんの才能を伸ばしたいなら1歳からの幼児教室がベター!食育や想像力を養ってくれます

要注意!横浜のエアコン取り付け業者

こんな業者は要注意!格安を謳ったエアコン取り付け業者なのに実際は高額?横浜で実際にあった事例を案内

大阪にある貸し会議室

貸し会議室ってどうやって契約するの?時間制プランや設備を公開しています!大阪駅近くの会議室もあり

MEO対策でアクセスアップ

地図エンジンを最適化することでロボットが優良サイトと認知!MEO対策で今よりももっと高アクセス